1. TOP
  2. 不眠が続くと何が起こるの?不眠によるトラブルまとめ

不眠が続くと何が起こるの?不眠によるトラブルまとめ

2016/10/27 不眠
この記事は約 5 分で読めます。
不眠が続くと_キャッチ

子供のころから睡眠は大切だと教えられて育ってきた私たちですが、大人になってみると仕事などで眠りたくても眠ることが出来ないなんてことも珍しくありません。

時折、眠ってもいい、眠らなければいけないのに眠れないという不眠の症状が表れることもあります。

不眠=悪いというイメージが強いですが、不眠が続くと具体的にどのようなトラブルを招くのでしょうか?

今回は不眠が続くと起こるトラブルや体調不良などについてまとめます。

不眠とは

不眠が続くと_寝てる人

不眠とは眠ろうという意思があるのに寝付くのに時間がかかったり夜中に何度も目が覚めてしまい、しっかりした睡眠がとれなかったりして、体調不良や精神的な不安を招くことを言います。

不眠の種類

不眠とは簡単に言えば眠れないことですが、不眠は単純に眠れないことだけを指す言葉ではありません。

不眠には種類があり、

  • 眠ろうとしても中々寝付けないもの(入眠障害)
  • 寝ている途中、真夜中などに目が覚める(中途覚醒)
  • 明け方早くに目が覚める(早期覚醒)
  • ぐっすり眠れない、睡眠時間は確保できているのにしっかり寝た実感が持てない(熟眠障害)

などがあります。

入眠障害

入眠障害は布団やベッドに入って眠る準備をしてから30分以上経っても眠りに付けない状態を言います。よく早く眠りたいと思っているのに余計に眠れなくなることも珍しくありません。

中途覚醒

眠りについてから、しばらくすると起きてしまい、明け方までに数回同じことを繰り返してしまうのが中途覚醒です。

早期覚醒

明け方、起きる予定だった時間よりも2時間以上早く目が覚めてしまうことを言います。一度目覚めてしまうと眠りにつくのが難しくなることがあります。

熟眠障害

睡眠時間はしっかり取ったにも関わらず、よく寝た実感が持てずスッキリしない状態を言います。眠りが浅い、熟睡できていない状態です。

不眠症の定義

不眠が続くと_眠れない

不眠という言葉とは別に「不眠症」という言葉もありますが、不眠と不眠症は実は少し違います。不眠症は

  • 上記4種類の症状のうちいずれかが起こっている(複合したものも含む)
  • 1週間のうち、2日以上症状が起こる日がある
  • 症状が1ヶ月続いている

それらに加えて、不眠症状があることで、仕事などの日常生活、精神、肉体的に苦痛を感じているかということがポイントになります。

結局、どんなに不眠症状があっても生活に不都合がなく本人が気にならないのであれば不眠症は成り立たないということですね。

ナポレオンは1日3時間しか寝なかったという逸話があったり、明石家さんまさんは睡眠時間が2時間~3時間であるという話があったりしますが、ナポレオンの気持ちはわかりませんが、明石家さんまさんの場合は本人が苦痛に感じているというわけではないようです。

睡眠時間は6時間から7時間が理想と言われていますが、本人のコンディションが一番整う睡眠時間を確保するということが何より大切なのかもしれません。

不眠が続くと起こるトラブル・体の不調

不眠が続くと健康に悪いというイメージがありますが、実は不眠=眠らないだけでは命に別状はないそうです。では不眠が続くとどんなトラブルや体調不良が起こるのでしょうか?

睡眠はなぜ必要なのか?

まず睡眠がなぜ必要なのかその理由についてまとめたいと思います。

睡眠の役割は

  • 脳を休ませる
  • 記憶を整理し、定着させる
  • 細胞を再生したり、修復したりする
  • 免疫を強化する

などがあります。

脳の休息

活動している時、脳には疲労物質が溜まっていきます。体と同じように脳も疲れたら休息が必要になり、それが睡眠というわけです。休まずに動き続けていると体は力が入らなくなったり、思うように動かなくなったりします。

それと同じ現象が脳にも起こりはじめ、集中力が下がったり、考えがまとまらなかったり能力的な部分に影響が出たり、何かをする気になれない、怒りやすい、イライラするなど精神的な部分にも影響が出たりします。

記憶の定着

赤ちゃんが寝ている時に記憶を反芻しながら寝返りをうつという話を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんはそのようにして色々なことを覚えていきます。大人になっても睡眠の役割は同様でその日にあったこと、学んだこと体験したことなどを整理して、必要な収納場所にしまってくれるのが睡眠です。

成長ホルモンによる細胞の再生と修復

子供の頃に「寝る子は育つ」と言われたり、寝不足で肌荒れが目立ったという経験はありませんか?睡眠時には成長ホルモンが分泌され、身体の成長を促したり、傷や肌の修復に一役かってくれます。

免疫力の強化

風邪を引いたとき、栄養のあるものを食べてよく寝るという対処法を取ることが多いと思います。風邪のひきはじめなどの場合は一晩寝ただけで調子が良くなったということも珍しくありません。

睡眠には免疫力を強化する役割があるため、丈夫な体を作るためには睡眠は欠かせません。

不眠が続くとどのようなトラブルが起こるのか?

不眠が続くと_トラブルまとめ

不眠が続くと上記の睡眠の役割が得られないということになります。

そのため、不眠が続くと以下のようなトラブルが起こります。

  • 脳の休息不足による集中力低下、意欲の低下、イライラなど
  • 記憶が定着されないのでいろいろなことを忘れがちになる
  • 成長が思うように進まない、肌がボロボロ、傷の治りが遅くなるなど
  • 免疫力が低下し、風邪などにかかりやすくなる

また、不眠状態が続くと交感神経と副交感神経(=自律神経)のバランスが乱れます。それによって心身ともに不調が表れたり、うつ病などの精神疾患にもかかりやすくなります。(逆に自律神経失調症などの精神疾患が理由で不眠症状が出る場合もある。)

不眠が及ぼす体への影響は日常生活を快適に送るために大切な部分ばかりです。就寝時間を可能な限り一定にし、生活リズムを整える、眠る前には照明を落とし、光の刺激を減らすなどして眠りやすい環境づくりを意識してみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Hurray フレーの注目記事を受け取ろう

不眠が続くと_キャッチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Hurray フレーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

karada22

この人が書いた記事

  • 疲れ ストレス 2

    疲れを放置するのは危険!疲れとストレスの関係について

  • 手ぬぐい洗顔 肌荒れ 3

    肌荒れにさよならできる!?手ぬぐい洗顔総まとめ

  • 5_音楽とストレス解消

    音楽でストレス解消が出来る?音楽の知られざる効果

  • 2_ラジオ体操図解_肩こり

    肩こり解消にラジオ体操?ラジオ体操をするメリットを紹介します。

関連記事

  • 疲れ ストレス 2

    疲れを放置するのは危険!疲れとストレスの関係について

  • カフェイン_眠れない_対処_キャッチ

    カフェインで眠れない夜の対処法~カフェイン摂取のコツ~

  • 歯茎痛い_眠れない_キャッチ

    歯茎が痛い、眠れない原因と対処法~歯髄炎・その他~

  • 早朝覚醒_睡眠薬_原因

    早朝覚醒と睡眠薬について~薬に頼らない早朝覚醒の改善方法~

  • 眠れない_薬_タイトル

    眠れないときの薬について~睡眠導入剤と睡眠改善薬の違い他~

  • 眠りが浅い,夢,キャッチ

    眠りが浅いと夢をみるって本当ですか?どうして夢をみるの?